募集要項
ENTRY

MESSAGE

所属長からあなたへ

marketing

営業って、ヤリガイがあるんですけど。

マガジンハウスに入社したい人の100%が編集希望だと思います。
それは、至極当然なこと思います。逆に「営業をしたい」と言われたら、勘繰りますよね。
どうせ、入社後、異動したら良いって考えていないって。
でも、それは、雑誌が売れないと言われている今でも、多くの人たちを魅了し、虜にしている表れだと思い、誇らしげな気持ちにもなっている自分もいます。
この会社の営業は、編集部に口を挟んでいきます。
「この表紙じゃ、売れないですよ」「このタレントが旬なので、グラビアで使いましょう」 当然、編集部とはブツカリますけど、最終的に感謝、頼りにされ、 「担当者を変えてくれるな!」と言われる部員もいます。
編集、編集と言わずに営業で編集部の一員として頑張りましょう!

振り返ると、どのような学生でしたか?

友達からは、大学デビュー組で、調子コイテたと言われます。

一緒に働きたいのはこんな人!

月並みですが、大変な時でも、笑みを絶やさずに頑張れる人。 顔に出しちゃいかん。自戒を込めて。

営業部 部長代理

ANOTHER MESSAGEE

その他の所属長メッセージ